臍帯巻絡で帝王切開になった話

67104438c42cff8f375c166497079dc8 s - 臍帯巻絡で帝王切開になった話

こんにちは、あきねこです。

切迫早産で入院していた私ですが、入院中に『臍帯巻絡』と言われ、予定帝王切開での出産をすることになりました。

臍帯巻絡なんて聞きなれない言葉ですよね。

今回は臍帯巻絡についてと、帝王切開について話したいと思います。

臍帯巻絡について

なんだか難しそうな響きですよね。

妊娠して初めて耳にした言葉です。

どんなものなのか経験を交えつつ、少しお話していきますね。

臍帯巻絡って?

臍帯っていうのがへその緒のことですね。

で、巻絡っていうのが字を見て何となく分かるかもしれませんが、巻いて絡まってるってことです。

なので、合わせると...赤ちゃんにへその緒が巻きついて絡まってる状態のことです。

臍帯巻絡はすべてのお産のうちのおよそ20~25%にみられるもので、ほとんどが首に巻きついてしまう頸部巻絡というものです。

胴体や足などに巻きつくことももちろんありますよ。

私の場合、首に2周、腕に1周、足に1周の合計4周巻いていました。

臍帯巻絡の原因は?

へその緒が標準より長かったり、お腹の中の赤ちゃんが元気に動き回ったりすることが原因のようです。

どちらもママのせいでもなく、どうしようもないことなのでもし臍帯巻絡と言われても気にしない方が良さそうですね。

私が産後に言われたのは、へその緒が長かったのが原因ということでした。

 

臍帯巻絡は赤ちゃんにどんな影響があるのか

首に巻きついてるなんて聞くと首が絞まって苦しそうなイメージですが、基本的には特に症状はないそうです。

ただ、2周以上巻いていると産むときにうまく出てこられず難産になり、新生児仮死になることもあるようです。

臍帯巻絡はエコーで診断する

基本的にはエコー検査でわかるそうです。

私の場合はエコーでわかってから確実な診断をするためにカラードプラ法という血液の流れを検査する方法で検査をしてもらいました。

 

臍帯巻絡は予防したり治療できる?

どちらに関しても、外から何かをすることは出来ないので不可能だということです。

臍帯巻絡と帝王切開について

臍帯巻絡と言われたら絶対帝王切開になるわけではありません。

巻きついてる回数が少なければもちろん自然分娩が可能です。

臍帯巻絡で帝王切開になる場合

帝王切開にも、予定帝王切開という事前に入院などの用意をしてから帝王切開の手術をする場合と、自然分娩で進めていたけどお産の途中で急に帝王切開になる緊急帝王切開の2つがあります。

エコー検査などで巻きつきの回数が多いのがわかっている場合には安全を考慮して予定帝王切開になることもある様です。

巻きつきの回数が少なかったりすれば、ほとんどは自然分娩で進むようですね。

それでも途中で赤ちゃんの心音が低下したり、難産でお母さんが耐えられなくなった場合には緊急帝王切開になることもあるようです。

私の場合は巻きつきの回数が多く、少しきつめに巻いていたので相談の上、予定帝王切開になりました。

 

まとめ

助産師さんによると、赤ちゃんはちゃんとわかっていて産まれるときにうまくほどけながら出てくることも多いそうです。

が、すべてそうなる訳ではないのでかなり悩みましたが帝王切開の決断をしました。

もちろん、最初は自然分娩で産めると思っていたので言われた時にはショックだったし、手術なんて嫌だなと思いました。

既に緊急帝王切開で出産をしていた友達に相談をしたら、

『赤ちゃんの心拍が落ちるのがモニター音でわかるからつらいよ』

と言われたのが大きなきっかけで、私のちょっとした思いで危険にさらしたくないと帝王切開を決心することが出来ました。

だからといって、臍帯巻絡でも帝王切開をしたくない方を否定するつもりは全くありません。

それぞれの考え方ですしね。

臍帯巻絡自体そんなに珍しいことではないですし、途中でほどけることもあるようなので、もしお医者さんに診断されても心配しすぎないでくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です