予定帝王切開手術の準備の様子について

3分で読めます

img 6751 - 予定帝王切開手術の準備の様子について

こんにちは、あきねこです。

切迫早産で入院中、臍帯巻絡で予定帝王切開が決まった私ですが、もちろん1人目の出産なのでどんな感じかわからず不安だらけでした。

ここでは、私が体験した帝王切開手術の準備ががどんな感じだったかをお話しすることで少しでも心の準備をするお手伝いが出来ればと思います。

前日から手術の数時間前はどんな準備をした?

私の場合、手術の時間は朝の8時半からでした。

その時間からいきなりあれこれスタートするわけではなく前日から準備が始まります。

私はもともと入院してましたが、予定帝王切開が決まると入院してなかった人も前日から入院することになります。

飲み物や食べ物が制限される

手術に使う麻酔や、手術自体の影響で吐き気が出ることもあるので、その予防のために飲食の制限がされました。

私の場合は、前日の夜の9時から食事は禁止でした。

飲み物は0時以降は禁止でした。

毛を剃られる

手術中の感染予防や、手術部位を見やすく、作業しやすくするために術部の毛を剃られます。

朝の5時くらいに看護師さんが来て、おへそより下20cmちょっとの範囲の毛を泡立てた石鹸を塗ってからカミソリで処理。

濡れたタオルで拭き取って完了です。

人様に毛を剃られる経験なんてなかったからめっちゃ恥ずかしかったです。

手術前用の点滴開始

前日から飲食禁止になっているので水分補給のために点滴をします。

切迫で入院してるときからずっと点滴生活だったので点滴はもう慣れっこ。

たくさん刺しかえしたけど、このときのために大事に取っておいた一番太い血管が遂に解禁。

私の場合、右腕の内側の血管でした。

帝王切開の手術。直前の準備は?

ここからは手術室での直前の準備の様子をお話しします。

個人病院だからなのもあるけど、ドラマとは違って手術室には点滴のスタンドを引っ張りながら歩いて移動しました。

ここで旦那さんとは笑顔で『いってきます』のご挨拶。

旦那さんは手術室の外で待機です。

服を脱いで裸に

普通は自分の部屋から手術着に着替えて移動してって流れな気がしますが、私が手術を受けた病院では手術室で服から下着まで全部脱いで裸になりました。

手術前でそれどころじゃないのが通常かもですが、何人もの人の前で裸になることが恥ずかしくてたまらなかったです。

そこから歩いて手術台に乗ります。

足に血栓防止のストッキングを穿かされる

手術後は長時間寝た状態になるので、血流が悪くなって足に血栓が出来てしまうのを予防するために医療用の弾性ストッキングを着用します。

むくみ防止用の圧がかかるひざ下用の靴下みたいな感じです。

これは術後3日目くらいまで穿き続けてました。

導尿

聞いたことある人もいるかもしれませんが、カテーテルってやつです。

尿道に細い管を入れて膀胱から尿を出す処置です。

膀胱に尿がたまったままだと下腹部の切開がしにくかったり、赤ちゃんを取り出しにくくなってしまうそうです。

導尿をして管をバッグにつないでおくことで手術中や手術の後にちゃんと尿が出てるか、どれくらい出てるかのチェックが出来るようになります。

手術後すぐは動けず、トイレに行けないので嫌でも受けざるをえません。

麻酔してからすることが多いみたいですが、私は麻酔の前に助産師さんがサクッとやってました。

麻酔なしでも別に痛くなかったです。

膣洗浄

子宮の中への感染防止のためにするそうです。

やらないところもあるそうですが、私は膣洗浄ありでした。

気になる浣腸はやらなかった。

したことないからすごく心配で説明もされなかったからいつ来るかハラハラしてましたが、浣腸なしで終わりました。

嫌だ嫌だと思っていたので、拍子抜け。

でも、する病院もあるみたいなので不安な方は看護師さんに聞いておきましょう。

おわりに

振り返ってみると、手術自体よりも手術前の準備の方が抵抗だらけでした。

だって、人に下の毛を剃られたり、裸見られたり尿道に管入れられるなんて経験ないんだもの。

でも、浣腸ないのはせめてもの救いでした。

前日から直前の準備、ここまで特に痛いことなし。

なにか痛いことされるのか心配で不安な方も安心して臨んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。