乳児湿疹の薬はヒルドイドがいいのかについて

0baaeb6b2e56dbfd9ddd56015495b721 s - 乳児湿疹の薬はヒルドイドがいいのかについて

こんにちは、あきねこです。

生後3,4ヵ月を過ぎるとなかなか治らない乾燥性の乳児湿疹に悩まされますよね。

そんな乾燥性の乳児湿疹の治療のために皮膚科に行ってヒルドイドソフト軟膏を処方してもらったのでヒルドイドがどんなものなのか調べてみました。

 

ヒルドイドってなに?

乾燥によく処方されるヒルドイド。

そもそもなんなのかわからないですよね。

いくつか種類がある

娘に処方されたのはヒルドイドソフト軟膏ですが、他にも

・ヒルドイドローション(乳液タイプ)

・ヒルドイドクリーム

があるようです。

また、ヒルドイドという名前ではないですが化粧水タイプの

・ヘパリン類似物質外用スプレー

もあるみたいですね。

どんな成分?

成分名はヘパリン類似物質。

ここまで聞いてもよくわかりませんね。

そもそも、体内にはヘパリンという成分があって、ヘパリン類似物質はそれに似た成分のことのようです。

 

どんな作用があるの?

皮膚の保湿作用があり、皮膚の乾燥性症状を軽くします。

また使用部位の血行を促進し、血行障害に基づく痛みや腫れを軽くします。

抗炎症作用もあります。

この3つの働きは、肌の内側から新陳代謝を促してくれるので、一時的な保湿とは違って乾燥肌の根本的な解決につながる作用があるようです。

 

副作用は?

主に、皮膚炎、かゆみ、発赤、発疹、潮紅、皮膚刺激感、紫斑などが報告されています。

大人の場合には、にきびが出来やすくなる方もいるみたいですね。

 

使い方

通常、1日1~数回適量を患部に塗擦またはガーゼなどにのばして貼り付けます。

必ず指示された使用方法に従ってください。

眼や傷口(潰瘍、びらん面)に入らないように注意してください。

 

 

ヒルドイドのほかにもへパリン類似物質がいくつかあります。

・ビーソフテンクリーム

・へパリン類似物質油性クリーム

です。

名前が違うのはジェネリックで違うメーカーがだしていたりするからです。

 

おまけ

ちなみに、このクリーム、実は保湿力が抜群で、高級な美容液などよりも高い美肌効果があるとして、皮膚科医などの間でも人気のある製品なのです。

皮膚科の医師や看護師さんの中には、ヒルドイドソフト軟膏を乳液代わりとして毎日顔に使用しているという方も多いそうです。

最近はそのせいでヒルドイドが保険適用じゃなくなるかも、なんてニュースで話題になったりしてますね。

本当に困っている人が保険での処方を受けられなくなってしまうことはとても問題だと思います。

市販だと「アットノン」や「HPクリーム」などが同じヘパリン類似物質が含まれてるのでお試しあれ♪

ただ、まったく同じ内容じゃないのであしからず...。

あわせて処方してもらったステロイドについてはまた改めて書きますね(^-^)

 

 

 

ランキングに参加しています。

応援してくださる方はクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です