妊娠に気付いたきっかけって?

IMG 5897 - 妊娠に気付いたきっかけって?

こんにちは、新米ママあきねこです。

このページをご覧になってる方はなんかいつもと違うけど妊娠したのかな?

妊娠したかもしれないけどほかにどんな症状があるの?と

気になってる方が多いのかな、と思います。

人によって様々かと思いますが妊娠て赤ちゃんが出来た!

って嬉しい気持が沢山な反面、不安でもいっぱいになりますよね。

私ももちろんそうでした。

ここからは私の経験もお話ししながら妊娠の症状などについてお話していきたいと思います。

 

妊娠に気づいたきっかけ。あきねこの場合

突然ですが私、お酒が好きなんです(笑)

趣味がダーツで旦那さんともそれがきっかけで知り合ったのでダーツバー含め飲みに行くことが多かったんです。

お酒を飲んだ感じがいつもと違う?!

で、ある日いつも通り友達数人と飲んでいたんですがいつもなら全然大丈夫な量ですごく気持ち悪くなったんです。

基本的に記憶が無くなるとかほとんどないんですがこの日は途中の記憶が全くありません(-_-;)

二日酔いも今までほぼ未経験でしたが翌日の吐き気が物凄かったです。

早期診断薬でフライング検査!結果は?

なんでかなぁ?と思いつつ妊活中だったのもあり生理予定日の5日前でしたが仕事帰りに近くの薬局で早期診断薬を購入。

帰ってすぐに使ってみました。

最初は陽性反応なく終了窓に印が。

なぁんだー、と思いながら検査薬片手にお手洗いを出て検査薬を捨てようとしたらなんと!

陽性反応がうっすらと!

そこからしばらく検査薬を見つめていると少しづつ線が濃くなっていきました。

本当はすぐにでも病院に行きたかったのですがあんまり早く行っても早すぎて確認できないから何日か後に..って話をよく聞くので2週間程度待つことに。

その間はもう不安でいっぱいでした。

旦那さんには検査薬使った翌日にサプライズ報告してあったので励ましてもらいつつ頑張りましたが(-_-;)

だけど結果として2週間待てませんでした。

出血が出始めてしまったんです...。

ここからのお話はまた次回にさせていただくことにして妊娠に気付いたきっかけ、症状についてまとめます。

妊娠に気付いたきっかけ。一般的には?

私の場合は極端にお酒が弱くなった、ですが他の方の体験やまとめを参考にしていきたいと思います。

 

妊娠に気付いたきっかけ・妊娠初期症状

きっかけ

・直感

・生理の遅れ

・下腹部痛

・吐き気

・基礎体温で

すでにお子さんがいる方はお子さんが赤ちゃんがいるよ、と教えてくれた、愛犬が妙にお腹のあたりにすりすりしたりお腹を守るような仕草をしていた、なんていうのもありました。

 

~妊娠初期症状~

そもそもいつから症状が出るのかというと早い方で妊娠2~4週(最後に生理が来た日が妊娠0日目)から出るそうです。

それを妊娠超初期症状と呼びます。

一般的には妊娠5週目頃から症状が出ることが多いみたいです。

 

・着床出血

これ、よく耳にしますが10人に1人の割合程度で起きるみたいです。

受精卵が着床するときに子宮内膜を傷付けて起きるもので茶色っぽかったり、真っ赤な鮮血だったり個人差があります。

・生理の遅れ

・肌荒れ

・気分の落ち込み

・息切れ

・疲れやすい

・基礎体温で高温期が16日以上続く

・おりものの変化

量が多い、サラサラになる、など。

・風邪っぽい症状

熱や咳、喉の痛み、くしゃみや身体のだるさなど

・便秘

・眠気

・胸の張り

普段の生理前の張りよりも強い場合が多いそうです。

・胃痛

・腹痛

締め付けられるような痛み、チクチクするような痛み、足の付け根の痛みが出る方も。

・食の好みの変化

・吐き気

・頻尿

・頭痛

・腰痛

・においに敏感になる

もちろん症状が出ない方もいます。

 

おまけ

私が使った早期診断薬は生理の予定の3日前から使えますが、精度としては生理予定日により近いほうがやはり良いので、どうしても気になる方は2本買うといいかもしれません。

購入に関しては、第一類医薬品に分類されてるのでドラッグストアでも

薬剤師さんがいる所じゃないと買えなくなってます。

店頭にあるものは生理開始予定日の1週間後から使用できるのでゆっくりと待てる方は通常タイプの使用で良いかと思います。

あきねこは気になるとすぐ確認しちゃいたくなる性格なもので(-_-;)

 

まとめ

今回は妊娠に気付いたきっかけや初期症状に関してまとめてみました。

人それぞれなのですごい早い段階から辛い症状の方もいれば、なんともない方もいるのであくまでも参考程度にしていただければと思います。

また、子宮外妊娠などの場合でも検査薬で陽性が出ることがあるので、最終判断はしっかりと産婦人科を受診してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です