離乳食作りでガス代が上がった!そんな時のお助けアイテム

img 7057 - 離乳食作りでガス代が上がった!そんな時のお助けアイテム

こんにちは、あきねこです。

離乳食作りを始めたはいいものの、翌月のガス代が上がってびっくりしたことありませんか?

お野菜を柔らかく柔らかくしようと長時間火を通していたらガスを使う時間がどうしても長くなるのでガス代も上がりますよね( •᷄ὤ•᷅)

そこで今回は、そんな時に役に立つお助けグッズをご紹介したいと思います。

離乳食お助けグッズ『圧力鍋』

圧力鍋なら短い時間でお野菜が柔らかくなるので調理時間の短縮になって、ガス代の節約に!

使い慣れるまでは音がこわかったり、爆発しないか不安になりましたが慣れたら簡単♪

離乳食はもちろん、大人用料理も短時間で出来ちゃうのでおすすめですよ♡

img 7187 - 離乳食作りでガス代が上がった!そんな時のお助けアイテム こんなサイズの人参もあっと言う間に柔らかく♡

img 7188 - 離乳食作りでガス代が上がった!そんな時のお助けアイテム フォークで簡単に潰せます(*´︶`*)

おすすめ圧力鍋『ワンダーシェフ』

私が使ってるのはワンダーシェフという高圧圧力鍋なんですが、普通の圧力鍋に比べて高圧なのでより短時間で出来ると言うのがウリの商品です。

ワンダーシェフを使い始めたのは結婚のお祝いで頂いたからなので特別何かにこだわって買ったものではありません。

ワンダーシェフおすすめポイント

使ってみて思ったのは実家にあった物に比べて安心して使いやすいということです。

というのも、ワンダーシェフはフロートという装置が付いてるので圧がきちんと下がってるのか目で確認し易いんです。

圧がかかるとフロートが持ち上がって、下がると圧がしっかり下がってるのがわかります。

img 7186 - 離乳食作りでガス代が上がった!そんな時のお助けアイテム このピンクの丸いのがフロート。

写真は上がってる状態。

下がるとこんな感じ。

img 7185 - 離乳食作りでガス代が上がった!そんな時のお助けアイテム 以前使っていたものはフロートはなかったので怖がりながら開けていたのでこれは良かったポイントです。

ワンダーシェフのデメリット

サイズが結構大きいので収納に困ります。

色々な安全装置が付いているぶん、仕方ないと言えば仕方ないのですが他のものと重ねたりが難しいし、付属品が沢山あるのはとても嬉しいですがそれをどこにしまうかがネックになります。

ワンダーシェフのメリット

・冒頭でもご紹介しましたが、高圧圧力鍋なので、普通の圧力鍋と比較して更に調理時間が短く出来る ・付属品のレシピブックが参考になる

蒸しすがついてるので蒸し器としても使える→離乳食で蒸しパンを作るのにも活躍できる

・IH調理にも対応している→今後引っ越してIH調理器の所になっても買い換えずに使える

などなど他にも沢山メリットがありますが私が特に感じたのは上の3つです。

ワンダーシェフを使って変わったこと

・一番気になっていたガス代が節約出来ました(*´︶`*)

我が家の場合は、月に約1500円。

これってすごくないですか?

一年で考えたら2万円近くの節約です!

・普通のお鍋で煮物作るときとちがって、ずっと近くにいなくて大丈夫。

圧をかけてる間はそばにいないといけませんが、そばにいなければいけない時間は半分以下!

時間の節約にもなります。て中ってなんだかんだで色々しなきゃいけないのに時間が取れないけど、ワンダーシェフを使うようになって時間にすこし余裕が出来ました。

ワンダーシェフをお得に買う方法

替えパッキン付きで一番安いのは私が調べた限りではこちらのショップさんでした。

替えパッキンなしで付属品がガラス蓋のものがあるのはこちら。

私が使用していて今回ご紹介しているのは、1つ古いタイプの様です。

新しいタイプはこちら。

まとめ

今回は離乳食作りにも節約にも役に立つ圧力鍋のワンダーシェフをご紹介しました。

少し値段は張りますが、長く使えるものですしガス代の節約が出来るので1年も使えば充分元は取れると思います。

皆さんも良かったら使ってみてくださいね(*´︶`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。