うんちの度に痛くて泣いてたのが落ち着いた!赤ちゃんの便秘解消に試したこと

Ygjhfb53wr1hBb91517927858 1517927996 - うんちの度に痛くて泣いてたのが落ち着いた!赤ちゃんの便秘解消に試したこと

こんにちは、あきねこです。

皆さんのお子さんは便秘したりしていませんか?

便秘って、大人でもつらいのに赤ちゃんが同じように苦しんでいると思うと心が痛みますよね。

今回はそんな赤ちゃんの便秘解消におすすめの商品をご紹介します。

離乳食前からのひどい便秘。小児科で教わった2つの方法

娘は生後2ヶ月以降完母なのに早いうちから便秘気味で、ひどい時には5日以上出ずにお腹が苦しく泣きっぱなしでおっぱいも飲んでくれないことがありました。

あまりにも泣き続け、暴れてしまうので綿棒浣腸も出来ずに慌てて小児科へ。

浣腸をしてもらい、小児科の待合室でうんちが出るのを待って出たらお手洗いでおむつ交換。

外したおむつは袋に入れて、先生にチェックしてもらいました。

とりあえずはお薬なしで様子を見ることになり、先生からアドバイスを2つもらいました。

2~3日待っても出ないなら綿棒浣腸

やわらかいうんちも何日かすると固くなってしまい、自力で出すのが難しくなるので綿棒浣腸で出してあげるように言われました。

綿棒浣腸は元々苦しそうな時にやっていたんですが、あまり頻繁にやると自分で出せなくなるのかなと心配になってやらなくなったら上のようなことになりました(-_-;)

慣れないと怖いですが、きちんとやれば痛がりもせずにちゃんと出してくれるので大丈夫ですよ。

私はこのページを参考にさせてもらいました。

参考

赤ちゃんの便秘解消に綿棒浣腸が効果大!速効性UPのやり方/タイミング

必要なものなど丁寧に解説されていてわかりやすいのでおすすめです。

 

果汁を飲ませると少しゆるくなって出やすくなる

どうやら果物に含まれる果糖にうんちをやわらかくする成分が含まれているので便秘に効果があるようです。

ただ、りんご果汁だと逆に硬くしてしまう成分が入っているのでかんきつ類のほうが良さそうです。

アドバイスをもらったのは生後4カ月の頃。

まだ離乳食も始まってない状態で、市販の果汁は5カ月からって書いてあるし...と思いつつも小児科で言われたから大丈夫か、と思って果汁を購入。

翌日から試してみるものの、おっぱい以外の飲み物は全然飲んでくれませんでした(-“-)

果汁を無理に飲ませるのは諦めて、様子を見ながら綿棒浣腸で過ごしてました。

離乳食開始後、今度は栄養士さんから食生活のアドバイス

綿棒浣腸で様子を見ながら過ごしていましたが、離乳食が始まったら急に毎日快便に!

普通逆でしょ、と思いながらも喜んでいたら1週間くらいですぐに便秘に戻っちゃいました(-_-;)

綿棒浣腸を復活させて様子をみていましたが、予防接種で小児科に行ったときに相談してみました。

その日は栄養士さんがいる日だったので栄養士さんから食生活での改善のアドバイスを3つもらいました。

ヨーグルトを最低2週間は続けて食べさせてあげる

腸内環境が変わるのに最低2週間かかるので、あげたりあげなかったりではなく毎日続けるようにアドバイスをもらいました。

もともと便秘だったので離乳食が進み、ヨーグルトが大丈夫なのを確認してから食べさせてはいましたが、食べさせすぎも良くないかなと思い2日置きであげていたので毎日あげることにしてみました。

わかめなどの海藻を食べさせるようにする

海藻は水溶性の食物繊維で、腸内の善玉菌を増やして、やわらかいうんちを作る働きがあるので積極的に食べさせてあげるといいそうです。

そういえばあげたことなかったなぁと思ったので、乾燥わかめを戻して刻み、お粥に混ぜたりしてあげるようにしました。

赤ちゃんでも使えるビフィズス菌、オリゴ糖を使う

乳酸菌でも整腸作用はあるけれど、ビフィズス菌のほうが効果は高いそう。

ただ、すべてのヨーグルトにビフィズス菌が入っているわけではないのでビフィズス菌を摂ったほうがいいらしい。

で、そこにオリゴ糖を合わせると相乗効果が期待できるのでうまく組み合わせてあげてねってことでした。

ヨーグルトってなると離乳食開始しないとあげられないし、開始してもすぐに乳製品ってあげないからヨーグルト以外からあげられるとまだミルクだけの時期にも助かりますよね。

ってことで教えてもらった商品をご紹介。

 

栄養士さんにすすめられたビフィズス菌、オリゴ糖3つ

これは液体で、1本20日分でだいたい2000円くらい。

なので1日100円くらい。

世界で乳児に使用されているビフィズス菌B.lactis(BB-12™)を植物油に混合したサプリメントです。
1日6滴で10億個の生きて届くビフィズス菌がとれます。
ヨーグルト100g分の菌数に相当。
無味無臭で、ミルクや離乳食に手軽に加えられます。

2017年の夏に発売なのでまだレビューとかはあんまりなさそうですね。

生後0ヶ月から使用できるみたいです。

 

こちらは粉末タイプで30日分が3000円ちょっと。

1日当たりかかるコストはさっき紹介したビーンスタークと同じくらい。

栄養士さん情報だと店頭だと赤ちゃん本舗にしかないそうです。

  • 離乳初期以降(離乳食が始まる頃から)の乳幼児の腸内環境を整えることを目的として開発された栄養補助食品
  • 赤ちゃんのプロバイオティクス 人の健康にとって有用な働きをしているビフィズス菌を使用
  • ビフィズス菌(B.ブレーベM-16V)50億個 赤ちゃんのおなかに多いといわれるビフィズス菌(B.ブレーベM-16V)を1包当たり50億個配合した栄養補助食品
  • 乳成分不使用 乳由来の原料を使用しておりません

こちらは5ヶ月から使用できるそうです

入ってるビフィズス菌の種類が違うので単純な比較になりませんが、数だけみるとこちらのほうが断然菌の数が多いですね。

これはビフィズス菌じゃなく、オリゴ糖ですね。

 

  • カラダの中の善玉菌を最大活性化させるため、独自のブレンドで5種のオリゴ糖を配合しました。
  • 吸収されにくいオリゴ糖を厳選したから、腸までしっかり届きます!
  • しかも!他の素材は一切使わず100%オリゴ糖で作ったはぐくみオリゴは、妊娠中はもちろん、赤ちゃんにも安心して使っていただけます。

赤ちゃんにもってことですが、具体的な月齢までは書かれていませんでした。

使う場合は1日1グラムからだそうなので、単純計算で150日、約5ヶ月分。

1日当たり25円になるのでコスパは良いですね。

まとめ

我が家が今やってるのはビヒダスヨーグルト+オリゴ糖です。

もうヨーグルトは食べてるので、種類をビフィズス菌が含まれているビヒダスヨーグルトに変えました。

そこに相乗効果を狙ってはぐくみオリゴを使用しています。

使用し始めて3週間ほど経ち、効果が出てきているのかうんちの時、あんなに泣いていたのがウソみたいに気が付いたしれっとうんちをしています(笑)

うんち自体も前は硬くておむつの中でそのままの形で血が付いていましたが、最近はだいぶやわらかくなってお尻につぶされた形になって血もつかなくなりました(*^^)v

赤ちゃんの便秘に悩んでいたら試してみてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です