ラゾーナ川崎のラズーンに行ってわかったおすすめポイントと注意点

e0d1f889d3bebeff88f6fe88e60b2475 - ラゾーナ川崎のラズーンに行ってわかったおすすめポイントと注意点

こんにちは、あきねこです。

子どもと過ごす日々、お家も公園も良いけどいつも同じところばかりじゃ子どもも自分も飽きちゃいますよね。

しかも、成長するに従ってお家の中だとあれもこれもと手を伸ばすので見ていてハラハラしたり、片づけに疲れたり(-_-;)

公園ならそんな心配はないけど、雨だったり暑すぎたりすると連れていけなかったりもしますね。

そんなお悩みを解決してくれる施設を発見!!

それが『ラゾーナ川崎』の子供向け施設『ラズーン』です。

 

今回はもう少しで1歳になる娘を連れて遊びに行ってきたのでどんな所だったかお話しさせてもらおうと思います。

  •  利用料金は無料!
  •  人工芝の屋外施設ラズーンテラスは歩けるくらいになってからがおすすめ。
  •  ラズーンテラスは誰でも使えて日没まで利用可。屋根はあるけど雨の日はやめた方が良さそう。
  •  ラズーンテラスで持ってきたり買ってきたご飯が食べられる。
  •  ラズーンテラスはボール遊び禁止。
  •  ラズーンパークは、赤ちゃん向けの『ハイハイパーク』、小学生まで使える絵本の読み聞かせコーナー『ヨミヨミパーク』、大きな黒板に落書きできる『カキカキパーク』がある。
  •  ラズーンパークの利用時間は10時から21時まで。
  •  ラズーンパークはなにかイベントがあると閉鎖になることもある。
  •  ラズーンパークは、保護者同伴じゃないとだめ。
  •  『ハイハイパーク』は0~18ヵ月の赤ちゃんが対象。全体が柔らかく出来ているのでハイハイやつかまり立ちの練習にぴったり
  •  パーク内は飲食禁止。
  •  『カキカキパーク』で遊ぶとチョークの粉だらけになる。
  •  ラゾーナ川崎は他にも子連れに嬉しいサービスがいっぱい

 

 

子ども連れに優しいラゾーナがもっと優しくなりました❤

もともとラゾーナって授乳室も広めできれいだし、1フロアだけじゃなく1,2,3階にベビー休憩室はあるし、おむつ替えスペースは立ったままおむつ交換が出来るスペースもあって、ベビーカーもレンタルありで子ども連れにはとっても優しい施設だなと思ってたんですが、今年(2018年)の3月にリニューアルしてもっと優しくなってました。

731f91dff87baf1fac4016c5ecb9d680 s 300x225 - ラゾーナ川崎のラズーンに行ってわかったおすすめポイントと注意点

5階に子供向け施設のLaZoon(ラズーン)が出来た!!

映画館、スポーツクラブがある5階に新しく出来たLaZoonはあります。

公式サイトには

LaZoon=LAZONA+ZOO(動物園)。
たくさんの動物たちが集まった、わくわくいっぱいの空間

と書いてあるので、私はろくに読みもせずにてっきりちょっとした動物園みたいなのが出来たのかな?なんて思って遊びに行ったんですが、実際には壁にイラストで動物がいるだけです。

 

本物の動物はいないので気をつけてくださいねー!

とはいえ、本物の動物がいなくても楽しめる施設だと思うので気になる方はぜひ足を運んでみてくださいね(^^)

 

 

LaZoonにはLaZoon Terrace(ラズーンテラス)とLaZoon Park(ラズーンパーク)がある

LaZoonは屋外施設のTerraceと屋内施設のPark、2つのエリアに分かれています。

 

ここからはそれぞれのエリアについてどんな所なのかと注意したい点について説明したいと思います。

 

LaZoon Terrace

Terraceはオープンスペースで人工芝になっているのでお天気が良い日にはとてもおすすめ!

 

テーブルとベンチが置かれたイートインスペースと、人工芝の子供たちが走り回れるエリアに分かれています。

ここには、ツリーハウスをイメージした小屋が2つあって、キッチンなどがある家と、お店やさんごっこが出来る店舗があります。

また、柔らかい素材の椅子やパンダやワニなどの動物たちがランダムに置かれていて、乗ったり座ったりして遊べるようになっています。

壁にも可愛い動物のイラストが描かれていていましたよ。

 

真ん中あたりにはDJスペースがあって、時間になるとお兄さんたちが音楽をかけながら子どもたちと一緒に歌ったり踊ったりもしてました。

音楽に合わせて身体を動かせるくらいになるととっても楽しめそうですよね(^^)

 

イートインにもなっているので下のフロアでお弁当やお惣菜を買ってきてここでのんびり過ごすのも良さそう。

 

持ち込み制限や時間制限、年齢制限は特にありません。

そのため、中高生がお菓子を食べたりジュースを飲んだりしながら勉強するのにも利用しているのも多く見られました。

 

 LaZoonTerraceチェックポイント

  • 年齢的には歩けるようになってからが良さそうです。

ハイハイの娘は手に触れる人工芝の感触が苦手なようで、最初に降ろした場所から全然動きませんでした(-_-;)

  • 利用可能なのは日没まで。
  • 屋外施設なので天気が悪い日は遊べないです。
  • 小さい子もたくさんいるのでボールとか持っていって遊ぶのは禁止されています。

 

LaZoon Park

Parkは屋内施設で、スポーツクラブの目の前にあります。

 

スポーツクラブがガラス張りで、ランニングマシーンが外向きに配置されているため、走っている人と目が合うこともあって多少の気まずさがあります(笑)

お互い気まずい思いをするだけなので、あまり気にせず過ごしましょう(^^)

 

パークの外側にベビーカー置き場がありますが、利用するコーナーによっては少し離れてしまい目が届きにくくなるのでくれぐれも貴重品は気をつけてくださいね。

img 8379 - ラゾーナ川崎のラズーンに行ってわかったおすすめポイントと注意点

ベビーカー置き場はこんな感じで駐車場みたいになってます。

近くにエレベーター、トイレ、ゴミ捨て場があるので便利ですよね。

 

 

Parkの中だけでも3つのエリアに分かれていて、赤ちゃん向けの『ハイハイパーク』、小学生まで使える絵本の読み聞かせコーナー『ヨミヨミパーク』、同じく小学生まで使える大きな黒板に落書きできる『カキカキパーク』があります。

 

 

私が今回利用したのは『ハイハイパーク』で、大体0~18ヵ月の赤ちゃんが対象になっています。

img 8003 - ラゾーナ川崎のラズーンに行ってわかったおすすめポイントと注意点

ハイハイの子供向けに出来ているので全体が柔らかく比較的滑りにくく出来ていて、やっとはいはいが出来るようになった子なんかにはかなり良い練習場所になると思います。

5cmずつくらいの段差もあるので段差を越える練習にもぴったり(^^)

パパママが座れるようになっているところもあるんですが、段差のおかげで高さが少しずつ違うつかまり立ちにぴったりのスペースにもなっていました。

img 8005 - ラゾーナ川崎のラズーンに行ってわかったおすすめポイントと注意点

柔らかく出来ているのでつかまり立ちに失敗しても痛くないのが安心ですね。

 

 LaZoonPark、ハイハイパークのチェックポイント

  • パーク内は飲食禁止

大きく書いてないのでわかりにくいのかも知れませんが、お菓子などを食べさせている保護者の方がいるのでアレルギーのある子は少し気をつけた方が良いかもしれません。

  • ハイハイパークにいる大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんに注意。

対象は0~18ヵ月の赤ちゃんですが、対象年齢よりはるかに大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんが遊んでいることも。

小さな子たちがハイハイやつかまり立ち、ふらふらの1人立ちやあんよをしている中を大きい子たちが走ったりジャンプしたりでちょっとハラハラ(-_-;)

ちゃんと見ててくれて注意してくださる方が多いですが、パパママも疲れてるのかほったらかしになってることもあるので…。

 

 

 

ハイハイパークの腰かけられる段差を境にして『ヨミヨミパーク』があります。

img 8006 - ラゾーナ川崎のラズーンに行ってわかったおすすめポイントと注意点

ここには木をイメージしてつくられた机とイスがありますが、これも柔らかい素材で出来ているので角に頭ぶつけたりがなくて安心ですよ(^^)

絵本は私が行った時は10冊以上はあったと思いますが、ものすごくたくさんある訳ではないので状況によっては順番待ちになるかもしれません。

 

後日行ってみたら本が増えていました。

ラゾーナの下の階にある本屋さんでおすすめの絵本や図鑑を置いているみたいです。

子どもに絵本を買いたいけどなにが良いか悩んでいる方には数は少ないですが反応を見られるのでお試しに良いかもしれません(^^)

 

 

ヨミヨミパークと壁を隔ててあるのが『カキカキパーク』。

大きな黒板に子どもたちが書いた絵がたくさんありました。

黒板以外にも真ん中に丸くて柔らかいクッションがあって遊べるようになっていたので雨の日はここで十分遊べそうでしたよ。

ただ、ここで遊ぶと手や洋服がチョークの粉だらけになっちゃうのが難点ですね(-_-;)

また、黒板の横にはパパやママが座って見守れる柔らかいイスもあるので子どもを遊ばせながらの休憩や、待ち合わせにぴったりです。

 

 LaZoonPark全体のチェックポイント

  • 利用時間は10時から21時まで。
  • なにかイベントがあると閉鎖になることもある。
  • 保護者同伴じゃないとだめ

 

ラズーンでパパとママが交代で子どもをみれば、お互いのんびりお買い物が出来るのでぜひ利用してみてくださいね(^^)

特にママはのんびり1人でお買い物なんてなかなか出来ないので、こういう施設を使ってうまく息抜きしましょう♪

 

ラゾーナは他にも子連れに優しいサービスが♪

ラゾーナには映画館があるんですが、月に1回程度で『ふれあいシネマ』というものがあって親子で映画を楽しめる様になっています。

子どもがびっくりして泣かないように、室内は少し明るめで音の大きさも配慮してくれている上に、スクリーンの前にキッズスペースが用意してあっておもちゃで遊べるようになってるので映画に飽きちゃっても大丈夫♪

子どもが当日体調を崩してもキャンセルできるのも良いですよね(^^)

映画の内容も子ども用だけじゃないのでちゃんと大人も楽しめますよ♪

利用には予約が必要なのでこちらからどうぞ☆

飲食店もベビーカーごと入店出来るところが多いです。

子ども用のチェアや、離乳食を温めてくれたりミルク用のお湯をサービスしてくれる店舗もたくさんですよー☆

あと、保護者が『三井ショッピングパークカード』『ラゾーナ川崎プラザカード』『ステラモールポイントカード』会員の場合に入会できる「みついショッピングパーク キッズクラブ」があって入会すると割引やプレゼントのサービスが受けられます。

娘はまだ入ってないんですが、無料で受けられるサービスなので近々絶対入会させたいと思います(^^)

まとめ

        
  •  利用料金は無料!
  •  人工芝の屋外施設ラズーンテラスは歩けるくらいになってからがおすすめ。
  •  テラスは誰でも使えて日没まで利用可。屋根はあるけど雨の日はやめた方が良さそう。
  •  テラスのイートインでは持ってきたり買ってきたご飯が食べられる。
  •  テラスはボール遊び禁止。
  •  ラズーンパークは、赤ちゃん向けの『ハイハイパーク』、小学生まで使える絵本の読み聞かせコーナー『ヨミヨミパーク』、大きな黒板に落書きできる『カキカキパーク』がある。
  •  ラズーンパークの利用時間は10時から21時まで。
  •  ラズーンパークはなにかイベントがあると閉鎖になることもある。
  •  ラズーンパークは、保護者同伴じゃないとだめ。
  •  『ハイハイパーク』は0~18ヵ月の赤ちゃんが対象。全体が柔らかく出来ているのでハイハイやつかまり立ちの練習にぴったり
  •  パーク内は飲食禁止。
  •  『カキカキパーク』で遊ぶとチョークの粉だらけになる。
  •  ラゾーナ川崎は他にも子連れに嬉しいサービスがいっぱい

 

ラズーンだけの紹介のつもりがラゾーナについて語ってしまったような気もしますが、とってもおすすめできるお出かけスポットなので皆さんもぜひ行ってみてくださいねー!

今後も近くのお出かけスポットのご紹介が出来ればなーと思っています(^^)

 

 この記事も読まれています。

nR6kuKEp1bm1eMZ1519903024 1519903138 - ラゾーナ川崎のラズーンに行ってわかったおすすめポイントと注意点
夢見ヶ崎動物公園に行ってきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。