赤ちゃんはじっとしてくれない!お熱を測るならドリテックの体温計がおすすめ

2e3c141b0bf76785c774b892cefb11bf - 赤ちゃんはじっとしてくれない!お熱を測るならドリテックの体温計がおすすめ

子どもが保育園に行き始めると毎日登場するのが【体温計】。

保育園に行かなくても体調が悪い時も測らなきゃいけないですよね。

でも、お熱を測ろうとしてもじっと大人しくしていてはくれないのが子ども。

保育園組だと自分の支度もある忙しい時間、子どもの体温を測るならちょっとでも早く、楽に終わらせたいですよね?

我が家は今まで普通の体温計で測ってたんですが、私が復職するのをきっかけにもっと楽な体温計に切り替えました。

今回は子どもの毎日の体温測定が楽になる【ドリテック 赤外線体温計】をご紹介します。

ドリテックの赤外線体温計の良いところ、悪いところ

私がこの体温計を買った理由は価格コムで調べて評判が良かったから。

ドリテックなんて会社初めて聞いたので正直ちょっと悩みましたが、そんなに高い買い物じゃないので買ってみました。

だってあのテルモやオムロンより評判良いんですよ?

気になるじゃないですかー。

値段は2500円程度でした。

 

img 8184 - 赤ちゃんはじっとしてくれない!お熱を測るならドリテックの体温計がおすすめ

ちなみにドリテックさんはキッチングッズとかメインにやってる会社みたいです。

公式ページはこちら

ドリテックの体温計の良いところ

  • 何より計測が早い!

所要時間たったの2秒ですよ?

でも、実際はほんと瞬間で終わるんです(*≧∀≦*)

他の体温計と比べると長い目で見たらかなりの時間の差がありますよー!

忙しくても、子どもがじっとしてくれなくてもすぐに終わるので良いですよね♡

オムロンの耳タイプも1秒計測みたいですが、誤差が大きいみたいですね。

  • おでこと耳、どちらでも測れる

どこか1箇所での計測がほとんどなので、応用きくのはありがたいですよね。

img 8185 - 赤ちゃんはじっとしてくれない!お熱を測るならドリテックの体温計がおすすめ

ただ、おでこは前髪が邪魔だったり、結構誤差が出るので我が家ではもっぱら耳で測ってます。

  • オートパワーオフ機能がある

バタバタしてても勝手に切れてくれるので電池の消耗の心配いらずです。

  • 19回分のメモリー機能

たまに小児科でグラフを付けるように言われるんですが、そんな時には便利な機能ですよね。

  • 周囲の温度も測れる

あんまり使わないですが、室温がわかったりします。

クチコミ見てると、お料理の温度を測りたい時に使う方もいるみたいですよ。

  • 他の非接触式体温計より誤差が少ない

クチコミを読んでると誤差はあるようですが、他の耳式に比べたらかなり少ないみたいです。

実際、一番正確な脇式で測った体温とドリテックを使って耳で測った体温はほぼ同じでした(±0.1℃くらい)

  • 耳やおでこで測れるので、服をめくったりして寝ている子どもを起こさずに測れる

ドリテックの体温計の悪いところ

  • おでこでの計測は正確性に欠ける

先述した通り、おでこだと多少誤差が大きくなると思います。

  • 赤外線式なので、周囲の温度と差がありすぎるとうまく計測出来ない

 

  • ちょっと大きめサイズ

クチコミでみかけたデメリットなんですが、私としてはこのくらい大きめでしっかり握れるほうが安定して測れるのでデメリットには感じていませんわ、

  • 続けてすぐ測りたくても、オートパワーオフで切れるまで待たないといけない

待つと言っても30秒なんですけどね。

それにそんなに続けて測ることたくさんないでしょうし。

まとめ

ドリテックのメリットとデメリットをご紹介しましたが、我が家ではとっても満足の買い物でした。

デメリットが気になるほどのデメリットではなかったのもありますが、メリットがデメリットを上回っていると十分に感じられる商品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。