おっぱいを飲まない赤ちゃんに困っているママに試してほしいこと

7分で読めます

33f0988fcd3324aa84d49beea0cd52d4 s 1 - おっぱいを飲まない赤ちゃんに困っているママに試してほしいこと

こんにちは、あきねこです。

この記事では、おっぱいをなかなか上手に飲んでくれない赤ちゃんのママに試してほしいことをお伝えしていきます。

 

赤ちゃんにおっぱいを飲んでほしい理由

完全母乳の方もいれば、混合の方、ミルクのみの方とそれぞれの方針、事情もあると思います。

1人目はこうで2人目はこうだったとお子さんによっても違うこともありますよね。

でも、昔から母乳育児が良いって良く耳にしませんか?

それはなぜだかをまずはお伝えしたいと思います。

母乳育児の良いところ

1.肌と肌がくっつくことで安心感がある

2.母乳から免疫細胞がもらえるので病気になりにくい

3.アレルギーの予防になる

4.あごの成長を促す

5.乳幼児突然死症候群の予防になる

6.産後の回復が早くなる

7.赤ちゃんとの愛着形成が進む

8.女性特有のがんの予防

9.マタニティブルーの軽減

10.産後ダイエットに良い

11.ミルク代がかからない

12.ミルクを作る手間がかからない

13.荷物が少なく済む

 

母乳育児の悩みどころ

1.飲んでいる量がわからない

2.ミルクに比べて腹もちがよくないので授乳間隔が短くて大変

3.長時間預けられない

4.おっぱいトラブルが起きる可能性がある

5.自分の食べ物にも気を使わないといけない

6.授乳室を探さないと出先で授乳しにくい

 

あきねこは特に免疫力・アレルギーの面、ミルク代節約、手間、荷物の面で母乳を希望してました。

でも、預けたり、私の体調に何かあったときのことを考えて混合育児をしていこうと思っていました。

だけど、思うようには進まないんですよね。

 

赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれない?!

あきねこの場合は切迫早産だったのでおっぱいマッサージを禁止されていたり、帝王切開で出産した場合は丸3日は安静にするために母乳ではなくミルクをあげるという病院の方針があったのも原因してるのかわかりませんがなかなか母乳が出ませんでした。

でも病院にいるとなんだか変に安心してしまい危機感なかったんですよね。

 

飲んでくれない理由・対策は?

1.まだうまく飲めないから

赤ちゃんの体力や慣れの問題もあるので焦らずに気持ちをゆったりさせましょう。

2.姿勢が嫌

一般的なのは横抱きですよね。

他に斜め抱き、フットボール抱き、縦抱きとありますが、あきねこの場合は今でこそどんな態勢でも大丈夫になりましたが初めのうちはほとんどだめでした。

唯一落ち着き気味だったのは縦抱きでしたが、産まれたての赤ちゃんを縦抱きで授乳するのはなかなか大変でした。

赤ちゃんによって飲みやすい体勢は違うと思うのでいろいろ試してみてくださいね。

抱き方以外にも顔をまっすぐ乳首に向けてあげたり、体をまっすぐにしてあげる、ママが前かがみになったりしない、などもポイントです。

3.味が良くないから

ママの食事の内容が脂っぽいものが多かったりすると、味がまずくなるそうです。

が、あきねこの場合気にしてません。

最初こそ気にしてましたが特に飲みが変わった様子はありませんでした。

4.乳首の形が飲みにくい

まだ乳首が硬かったり、陥没乳頭や極端に大きかったり短いと赤ちゃんも咥えるのが難しく上手に飲めません。

硬さに関してはマッサージ、形に関しては乳頭保護器や乳頭吸引器を使うといいみたいです。

おっぱいマッサージのやり方はこちらを参考にしてみてください。

乳頭保護器は乳首が切れて痛いときにも使えるのでおすすめです。

5.乳頭混乱を起こしているから

おっぱいとミルクでは飲み方が違うので赤ちゃんが混乱してしまうことがあり、哺乳瓶に慣れてしまうとおっぱいを嫌がるようになってしまうことも。

あきねこの場合、これもかなり原因したかと。

なんせ病院では、ほとんどミルクでしたし。

なので、なるべくおっぱいに近い飲み方ができるというピジョンの母乳相談室の乳首に変えてみました。

ドラッグストアでは売ってないので探したらAmazonにありました。

もともとピジョンの母乳実感を使ってたので乳首買うだけで済みましたが、違うメーカーの哺乳瓶使用の方は哺乳瓶も買わないといけないので気を付けてくださいね。

普通の乳首よりも吸うのに力が必要で訓練になるみたいですが、その分疲れてすぐに力尽きますがそこは根気良く付き合いましょう。

あと、飲ませるときに向きがあるのできちんと確認してくださいね。

UPって書いてあるのを上にしてくださいね。

6.吸っても出てこないから

母乳の量が少なかったり、乳管が詰まってると頑張って吸っても出てこないので赤ちゃんが飲んでくれません。

母乳の量を増やす工夫をしたり、マッサージをすると改善する可能性が高いです。

あきねこの場合、これからお伝えする母乳を増やす方法をいろいろ試した結果、母乳の量はかなり増えました。

が!

吸ってくれないのでぱんぱんに張ってしまいました。

熱が出て、張って痛くて痛くて。

寝てても痛かったです。

飲んでもらうのが一番だけどそれが出来ないからこんな状態になってしまってるので仕方なく搾乳しました。

ちゃんと飲んでくれるようになるまで搾乳は続いたんですが、最初しばらく手で搾乳してたからなのか、特に頑張った右乳首は色素沈着と上が少しえぐれたような変な形になりました。

ので、途中からは搾乳器を使いました。

手で搾るより痛くないし、全体に力がかかるのでどこかからばっかり絞ってしまうってってことがないし、なにより使い始めてからは色素沈着や形の変化も進んではいないのでこれのおかげだと思ってます。

おすすめ!

あきねこがやった母乳を増やす工夫

1.頻回授乳

飲まなくても何回もトライ!

心が折れることも多々ありましたが頑張りましょう!

2.よく寝る

授乳とかお世話のとき以外はとにかく寝るようにしました。

食べ物より何より大事なんですって!

3.体を温かく

産後でお風呂はまだ禁止だったのでシャワーで体をよく温めたり、靴下をちゃんと履くようにしました。

4.たくさん食べてたくさん飲む

栄養つけて水分補給しまくりました。

なるべく温かいもので!

私はティーライフさんのノンカフェインタンポポ茶
0 - おっぱいを飲まない赤ちゃんに困っているママに試してほしいことにしました。

もともと妊娠中は、有名な『AMOMA』のオーガニックハーブティー
0 - おっぱいを飲まない赤ちゃんに困っているママに試してほしいことを飲んでいて信頼していたので母乳の量が増えるブレンドも試してみたのですが、そのブレンドに関してはなんだかカレーのような味と香りが苦手で続かないなと思ったので、ティーライフさんのこちらに変更。

それでも、AMOMAさんのミルクアップブレンド以外は問題なく飲めるので今も飲んでいるものもありますが。

たんぽぽ茶は変な癖もなく飲みやすかったです。

お試しもあるので気楽に試せるので納得してから購入できました。

もともと冷え性なんですが、これを飲んでからは指先とか足の冷えがかなり改善されたので授乳が終わってからも続けたいなと思います。

これから冬が来るのでさらに実感しやすいかと思うので楽しみです。

 

まとめ

私の場合は、飲んでもらえないために母乳の生産が少ないからとミルクをあげることを増やしてしまったために子供が哺乳瓶に慣れてしまい、乳頭混乱を起こすという悪循環に陥ってしまったうえに、母乳の量が増えても乳腺がつまりうまく吸えない環境をつくっってしまったのが飲んでもらえない理由でした。

色々重なった結果だったので今飲んでもらえてないお母さんも諦めずに色々試してみてくださいね。

それでも、体質によってはどうしても母乳が出づらかったりもあると思います。

現在のミルクはかなり研究されていて母乳にだいぶ近くなってると言いますし、あまり悲観的にならずにミルクに頼るのも大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。